踊りの分野

現代ではダンスパフォーマンスをすることで働く人をダンサーと言う事もあれば、舞芸者と日本風に呼ぶ事も出来ます。この分野で産業として確立しているのかという疑問を持つ人は多々居られると思います。 この分野は基本的に娯楽産業である為、徹底した実力主義の世界でもあると言えます。 ですが、このダンサーという分野のお仕事の募集とは、その実力主義が最重要ではありますが、意外にもお仕事の募集というのは多くあります。 それは芸能人や音楽アーティストなどの事務所などがダンサーを募集していたり、ダンス教室などで募集していたりします。

ダンサーとはその募集内容に応じて、その申し込みをする人の求職者が何の踊りをする人材なのかが重要であり、雇用需要のマッチをしていかなくてはいけない事でもあります。 例えれば雅楽舞踊者がロックバンドのバックダンサーの募集に申し込んでも意味がありませんし、その逆もまた然りと言えます。 ただ、この分野は実力主義が当たり前である様に、ダンサーというのは経験者程、色々なダンスを習熟しているケースが多々あり、1つの分野の踊りだけに留まらず色々な踊りをこなし続けて色々な踊りの募集に応募して活躍する人材なども多々居ます。 ただ、これはまた逆も然りで一点特化的な実力者や才能に溢れた人材のダンサーは世界的に活躍している人なども居たりします。 現代の日本では社交ダンスや路上ダンス系スクールなども多く、その分野で働くダンサーの人達なども居る様に、1つの産業として確立されている分野でもあります。