多くの求人

自分の身体を使いさまざまなパフォーマンスを披露するダンサーですが、活躍の場も増えてきており、それにともなって仕事の募集も増加してきています。 ダンサーは自分の身体一つを武器にして観衆にパフォーマンスを提供することで感動を与える仕事です。 日本でもダンサーの仕事はメジャーになってきていますが、ダンサーの仕事が普通の職業として認知されている海外に比べればまだまだこれからの職業といえます。 ダンスと一言でいっても、その内容は多岐に富んでいて、クラシックバレエ、ヒップホップ、モダンダンス、社交ダンス、エアロビクスダンス、ベリーダンスなど数えきれないほどのダンスの種類があります。 日本でも、テレビや映画、遊園地、テーマパークなど多くの場所でさまざまなダンスを見ることが出来ます。

映画や遊園地、ミュージカル、イベントなどでのバックダンサー、クラブなど活躍の場も増加している職業なので、その募集も急増しています。 とくに募集の多い分野としては、コンサートなどでのアーティスのバックダンサーやクラブイベントでのダンサーなどの募集が目につきます。 ダンスの仕事は募集が増加しているとはいえ単発の仕事が多く、世間に認められてダンスの仕事だけで生活をしている人はそれほど多くないのが現状です。 アルバイトをしながらや、他の仕事に就いていて仕事の募集や依頼があるときにだけダンサーとして働く人も多くいます。 そのような状況の中で、安定した分野なのがインストラクターなどの指導者としての職業です。 将来ダンスで生活をしていこうと思っているのであれば、インストラクターのような安定した分野を目指すと良いかもしれません。